効果的な膣引き締めのための施術が様々開発されている

感度UP

マシンや手術

外科手術による改善

半永久的な効果が期待できる膣引き締め術は、外科手術だといえます。断裂して緩んでしまった筋肉は、切開して余分な部分を寄せて縫合すると引き締めることが可能になります。しかし、筋肉を切開するため、出産予定の人には推奨されていません。

超音波や高周波

手術ができないというのであれば、切らない方法をおすすめします。
切らない施術としては、「超音波」や「高周波」、そして「レーザー」を使ったものがあります。
これらの効果の持続期間は2年程度で、しかも膣全体に施術することができるため、手術をしたくない人には嬉しい施術です。

注射を使ってゆるみ解消

膣がゆるんでいるということは、膣壁にコラーゲンがなくなっているということです。筋肉のゆるみももちろん原因としてありますが、膣圧が薄いなら注射でヒアルロン酸や脂肪を注入することで簡単に膣の形を変えられるのです。

広告募集中