施術との組み合わせでも使われている膣引き締め体操の効果

感度UP

体操で筋肉トレーニング

病院でも教えてくれる

膣引き締めのためのトレーニングは病院でも教えてくれるので、正しい方法を聞いておきましょう。
なぜトレーニングを病院でも行なっているのかというと、引き締め施術と組み合わせると効果が抜群だからです。膣壁にヒアルロン酸注入をすることで、膣の圧力は変えられますが、周辺に筋肉がつくことで効果が倍増するのです。

骨盤底筋がゆるんでいる

膣圧が緩む一つの要因として、筋力が緩んでいることが挙げられます。膣の周りだけでなく、骨盤全体の筋力が緩んでいると、どんな施術をしても根本的な解決にはなりえません。
骨盤底筋を積極的に鍛えることで、膣引き締めは最大の効果を発揮するのです。

締める緩めるの繰り返し

本格的なトレーニングは病院で聞いた方が良いですが、骨盤底筋の筋力トレーニングは基本的に負荷をかける、ゆるめるの繰り返しです。
仰向け、直立、四つん這い
以上の体勢で肛門と膣を意識し、引き締めていきます。お腹に力を入れても効果がありません。

広告募集中